« 2016年8月 | トップページ

2016年10月29日 (土)

マイナーチェンジのクラウンアスリート

2015年10月にマイナーチェンジを受けたトヨタ・クラウン

目玉はレクサスNXやISに搭載されている、2.0Lの直噴ターボですが、
内・外装のリフレッシュや新色の設定、ボディ接合部の剛性強化、
「ITS Connect」などの最新安全装備など、多岐にわたって改良されています。

スポーティで押し出し感のあるアスリート系が人気を集めていますが、
それは外観デザインが大きいと考えられ、マイナーチェンジ後は、
フロントバンパー下端まで延長された、フロントグリル枠が低重心を強調し、
より迫力を増した顔つきに変更されています。

さらに、グリル両側のバンパーは、コーナーへの張り出しと、
後方へ向かう立体的な造形という、二つの大きな流れにより、
ワイド&ローのスタイルを強調されています。

「関連記事」

« 2016年8月 | トップページ