2016年10月29日 (土)

マイナーチェンジのクラウンアスリート

2015年10月にマイナーチェンジを受けたトヨタ・クラウン

目玉はレクサスNXやISに搭載されている、2.0Lの直噴ターボですが、
内・外装のリフレッシュや新色の設定、ボディ接合部の剛性強化、
「ITS Connect」などの最新安全装備など、多岐にわたって改良されています。

スポーティで押し出し感のあるアスリート系が人気を集めていますが、
それは外観デザインが大きいと考えられ、マイナーチェンジ後は、
フロントバンパー下端まで延長された、フロントグリル枠が低重心を強調し、
より迫力を増した顔つきに変更されています。

さらに、グリル両側のバンパーは、コーナーへの張り出しと、
後方へ向かう立体的な造形という、二つの大きな流れにより、
ワイド&ローのスタイルを強調されています。

「関連記事」

2016年8月13日 (土)

人気のステーションワゴン

車のステーションワゴンとは、
セダンの変形で、2ボックス型の形状になっていて、前部にはエンジンスペース、その他は運転席と助手席の乗車スペースと、後部の乗車スペースと荷室が一続きになっている車種の事になります。

車高とか長さなどはセダンと同じくらいですが、後ろの座席を折り畳む事でたくさんの荷物が積める設計になっています。

比較的燃費もよく、運転もしやすく、乗り心地も良いため、実用性が高い車種として人気を集めています。

ステーションワゴン専用設計として登場しました、スバル・レガシィのヒット以来、日本にステーションワゴンのブームが到来しました。

この人気の高い、5代目レガシーB4を購入して5年目になる人は、すでに結構長い距離を走っているでしょうから、最新の6代目レガシーが、そろそろ気になっているのではないでしょうか。

こんど乗り換えをする準備として、5代目レガシーB4 の下取り査定を受けてください。
レガシーも好い評価がされているそうですね。

人気ランキングでも結構上位にランクインされる車が多いです。

2016年2月 3日 (水)

車の個人売買のリスク

最近はネットを利用した車の個人売買をするケースが増えてきましたね。
個人売買をする前には、その車クラウンアスリートなんですが、クラウンアスリートの買取査定を受けて、まずは相場を知っておきましょう。

さて、その個人売買にはリスクがあります。
相手が見えない、ということがポイントで、金額も大きいですから、慎重になるべきでしょう。

画像などを見ても、よくわからないことが多いですし、個人売買のサイトはたくさんあるのですが、その情報が正しいかというとその保証はありません。

業者が個人のフリをして、個人売買をしているケースもあるとも聞いています。
最悪の場合はトラブルに発展するかもしれません。
そのようなリスクとお金を比較してみることです。

個人売買においては、すべてが自己責任です
それに不安があるのならば、知り合いの業者などに仲介してもらうことがいいでしょう。

もちろん、個人売買はスムーズにいくケースのほうが絶対多いですから、必要以上に不安になることはありません。

2015年8月23日 (日)

車のオークションと査定相場

中古車を売る、もしくは買うということはもはや一般的なっています。
中古車専門店に専門の雑誌、業者専門のオークションに代行参加してくれる企業もあるほどです。
中古車専門店と直接売買するよりも得をすると評判です。

中古車オークションなら、希望落札価格を提示できます。
オークションは代行業者に「これくらいの値段で買う」「これ以上の値段で売る」と、“自分の相場”を伝えるところから始まるからです。

中古車買取専門店に車を売る場合は、査定があります
2代目アクセラ所有者で買い替えを予定している方は、2代目アクセラスポーツの下取り査定に出される方が多いでしょう。

時価で中古車を買い取っていてはお店に利益はありませんから、売却して利益を出すことを考えた査定になるはずです。

それらを統計的にみたものが査定相場となります。
一方のオークションとなると、また話は変わってきます。

中古車オークションで、相場価格を意識することには、意味があります。
オークションでの売買は、中古車の相場価格を知っているかいないかで結果が大きく変わってくることもあるのです。

2013年2月 2日 (土)

ユーザー車検のブレーキチェック

◆ユーザー車検のブレーキチェック

ユーザー車検のブレーキチェックをする時は、ニュートラルシフトの状態にし、サイドブレーキをかけない状態にします。
ブレーキ検査が開始されると、検査機のローラーが回転し始め、タイヤを回転し始めます。
電光掲示板の表示のタイミングで、ブレーキを踏みます。

フットブレーキのチェックが終了すれば、次はサイドブレーキのチェックです。
これも電光掲示板の指示のタイミングで、サイドブレーキを引き(踏み)ます。

◆ブレーキチェック注意点

・検査機のローラーのトルクはとても強いので、普段のブレーキの踏み方だと、NGになる場合があります。
・過剰な言い方になりますが、ハンドルをガッチリとサポートし、思いっきりブレーキを踏んでください。
・サイドブレーキも同様に、しっかりと引いてください。

2012年1月25日 (水)

ユーザー車検のスピード検査

同僚が結構な実力を持っていまして、ユーザー車検をするんだということで、付き合ってきました。
今回はその内のスピード検査の仕方について、次のように教えてもらいました。
自分もつぎは車検を受けるか、あるいは、voxy zの下取り査定を受けて、乗り換えをするのか判断しようと思っています。

では、ユーザー車検の話をしましょう。
サイドスリップ検査が終了すれば、その次はスピード検査に進んでいきます。

スピード検査とは何かというと、スピードメーターが適正なスピードを表示しているかどうかをチェックします。

スピード、ライト光軸、ブレーキのチェックは、全て検査場の設備である検査機の上で実施されます。
それぞれの検査の指示も、すべて電光掲示板で指示をされますので、電光掲示板を良く見るようにしましょう。

まず始めは直進して、スピード検査機に進みます。
前輪停止位置と書かれたものがあると思いますので、前輪を停止位置と表示されているところまで進めます。
スピード検査が開始されると、スピード検査機のローラーが下に降りていくため、車が少し沈むような感覚になります。
その後に、スピード検査機がパトライトを点灯しながらあなたの車の前にやって来ます。
アクセルを踏んでスピードメーター40km/時を表示するようになったら、ライトをパッシングさせます。
そうしたら、合格・不合格の判定が電光掲示板に出ますので、スムーズにブレーキを踏んで停止します。

注意点
スピード検査ではスピードメーターが40km/時を表示してすぐにパッシングするのもいいのですが、可能な限り40km/時に安定させてパッシングするほうがいいでしょう。
そのためにも、短時間でアクセルをグッと踏みこむのではなく、あせることなくゆっくりとアクセルを踏んでいき、少しずつにスピードが上がるようにしてください。

2010年7月28日 (水)

カーシェアリングのプチレンタについて

★カーシェアリングのプチレンタについて

車を多くの人とで共同利用する会員制になっていて、短時間の利用が多い方や車の利用が頻繁でない方にとって経済的なサービスがカーシェアリングになります。利用する前に入会手続きを済ませます。電話やインターネットかた入会申し込みも出来ます。
面倒な手続きが不要で、マイカーの感覚でプチレンタを活用できます。予約も24時間行えます。

2010年7月18日 (日)

プチレンタの使用の仕方

カーシェアリングのプチレンタの会員になったら、予約し予約時間に貸出ステーションに出向き、ICカードにてロックを解除します。
車の中にキーがあるので、そのキーが手に入れば普通に車を運転することがきるのです。

とっても簡単に車での生活が手に入ります。
金銭的にも助かるし、カーシェアリングにメリットのある人ならば、是非利用したいサービスです。